診療メニュー

一般歯科

小野歯科では、患者様お一人お一人に治療についての詳しいご説明を行ない、安心して治療に専念していただけるように心掛けています。
保険診療を基本としておりますが、ご自分の状態に合ったより高度な治療内容・技術・材質をお望みの方には、しっかりとしたご説明を行ない、納得していただいた上で、それぞれにふさわしい診療を行ないます。
もちろん保険診療でも、より丁寧・確実な治療を目指します。

虫歯治療

なぜ虫歯ができるの?

なぜ虫歯ができるの?

虫歯になる原因には上記のように様々な要因があります。虫歯は口の中にいる微生物が歯の表面に付いた食べ物の残りカスなどから酸をつくり、その酸によって歯が溶かされていまう病気です。
虫歯は自然に治ることはなく、永久歯になってしまった歯が虫歯になってしまうと二度と健康な派歯には戻りません。治療せずにそのまま虫歯を放置すると歯を失うおそれがあります。

虫歯治療

虫歯の進行と段階

C1:初期

歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。
この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。

C2:中期

歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。

この段階では虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めるか、フッ化ジアミン銀による進行防止といった簡単な治療を行います。

C2:中期

エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質まで進行すると、甘い物や冷たい物がしみるようになり自覚症状が現れます。

この段階では虫歯の部分を削り、詰め物か、被せ物をして保護します。

C3:後期

象牙質によって保護されていた歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。神経が侵され、何もしていなくても激しく痛みます。

この段階では被せ物(クラウン)を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療(根管治療)が必要となる場合があります。

C4:末期

歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。

この段階では多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。

診療メニュー

  1. 一般歯科
  2. 小児歯科
  3. 矯正歯科
  4. 審美歯科
  5. インプラント
  6. ホワイトニング

医院情報

 〒636-0073
 奈良県北葛城郡河合町広瀬台3-3-7

0745-73-5070

地図
さらに詳しい地図を見る

近鉄田原本線 大輪田駅から徒歩7分
ワーナーマイカルシネマズ西大和すぐ隣

診察時間

診療時間

月・火・金

9:30~13:00 / 15:00~20:00

水・土

9:30~13:00 / 15:00~18:00

休診日

木曜日・日祝日

診察カレンダーはこちら

ページの先頭へ